製造業

市場環境とM&Aの動向

日本の経済成長をけん引してきた製造業は、現在、経営者の高齢化が深刻な問題となり、職人技術の伝承を含め、事業承継に関する課題解決が急務とされています。また、独自のノウハウや技術の蓄積に長い年月を費やしており、事業承継が不可能となった場合の廃業や倒産は日本の製造業にとっても大きな打撃となります。これらの事業承継に関する課題解決において、M&Aは有効な手段となります。
買い手においては、自社にないノウハウや独自技術を短期間で取得し、既存事業とのシナジーが期待されるM&Aへのニーズが増加傾向にあります。一方、売り手においては、長年培ったノウハウや独自技術の承継に加え、借入金返済や個人保証といった債務からの解放などの効果もあり、売り手、買い手の双方においてM&Aには多くのメリットがあります。  なお、製造業におけるM&Aの評価ポイントとして、以下を挙げることができます。

・技術者の能力
・製造設備の仕様
・取引先や取扱商材
・知的財産権

 また、最近の傾向として、製造業同士のM&A以外に、市場競争力の拡大や販路強化を目的とした機械工具商社や部品加工会社などのM&A(垂直統合型M&A)も増加傾向にあります。さらに、投資ファンドや再生ファンドなどの外部資本による投資も見られており、グローバル市場で競争力を確保するためにファンドなどの外部資本を活用した成長戦略型M&Aの事例も増加傾向にあります。
事業承継に関する課題解決以外にも、外部資本を活用した成長戦略型M&Aは今後増加するものと考えられます。

M&Aのメリット(買い手

・新規取引先の獲得により、売上・利益の増加が期待される
・買収先のノウハウや独自技術の獲得により、今後の成長が期待される
・営業品目が増加し、市場競争力の拡大が期待される
・仕入原価や間接費などの削減が期待される
・人員増加により、採用不足解消や人員の適正配置が期待される

M&Aのメリット(売り手

・従業員の雇用や取引先との商取引の継続ができる
・後継者不在などの事業承継課題が解決され、経営の存続ができる
・株式や資産の資金化や債務返済により、ハッピーリタイヤが実現する
・培った技術や伝統を次世代に残すことができる

事業承継・M&Aに関するお問合せをする