自動車関連

市場環境とM&Aの動向

消費者がネットで中古車の価格と品質を比較できるようになったこともあり、中古車販売業は販売のみでの利益確保が難しい状況が続いております。販売拠点に整備拠点を付加し、刹那的な販売時の接点だけではなく、整備や点検、保険、板金などのアフターサービスの提供を通じて生涯顧客とし、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)をいかに上げていくかが重要になってきております。
どれだけ車の性能が良くなりシステム化された車が走ることになろうとも、国と税金のことを考慮すると車検制度の頻度が落ちることは考えにくく、慢性的な整備士不足に悩まされる会社は今後も増えてくると考えられます。
もともと小商圏のビジネスモデルなので中小零細企業が多く、徐々に大きな資本を持つ会社の傘下に入る中小零細企業は増えてくると思われます。

M&Aのメリット(買い手

・営業人員、整備士の獲得
・販路の拡大、整備受入の最大許容量拡大
・許認可(指定自動車整備事業や自動車分解整備事業(認証工場)など)の取得

M&Aのメリット(売り手

・従業員の継続雇用、取引先との継続取引
・創業者利益の獲得
・個人保証からの解放(譲渡先の会社に変更するため)

事業承継・M&Aに関するお問合せをする