成熟期の業界における資本提携活用法

今回は成熟期の業界におけるM&Aの活用法について考えてみます。

企業のライフサイクルは、導入期、成長期、成熟期、衰退期の
4つに分類されます。

成熟期に入った業界の場合、成長が鈍化し横ばいの状態となります。
この状態となると、体力勝負(資本力勝負)に陥ることとなります。

企業の最たる目的は、企業が継続していくことと私は考えております。
これは今と同じことをしているだけでは、資本力のある企業に対抗できず
衰退していく可能性は高いです。
つまり、継続するためには成長する必要があります。

そうなると成熟期に入った業界の中小企業が選ぶ道は大別して
次の3つになります。

(1)今までの経営から改革を行い、業界で先進的な
取り組みを行う
(2)資本提携により、経営を継続する
(3)早期撤退をする

(1)の場合、誰もが考えもしないアイデアや行動が必要となります。
これは誰でもできる、、とは言い難く、確実性もありません。
先進的で社会的意義のあるものが成功可能性が高いです。

(2)の資本提携とは、いわゆるM&Aによる子会社化や合併のケースです。
M&Aにより株式を譲渡することで、買い手の株式保有割合に応じ、
売り手の株主が行使できる範囲が狭まります。

一見、メリットがないように見えますが、現在ではこの仕組みを利用し
次のステップに進まれる方もいらっしゃいます。

株式譲渡することによるメリットは、
・借入金を含めた譲渡のため、資金繰りの心配がなくなること
・買い手の企業の子会社になっても、実態的には変わらず
役員の残留も可能性があること
・買い手の企業の資本力により、販売促進のための投資資金を捻出できること
・株式の譲渡代金をもって、異業種の成長企業と資本提携し成長を目指すこと
など、最近では極めて前向きなM&Aが増えてきているように感じます。

M&Aという言葉自体も昔と違い、企業存続のための手段として
経営者の間で広く捉えられるようになりました。
(3)は、このまま続けても資金・人材・商品のどれをとっても
競合に対抗していくことが
困難な場合、選択する必要性が出てきます。

ここで注意が必要なのが、(2)のように資本提携を検討すると
実は企業価値が高値でついたり、経営を存続できる可能性が
残っているケースがあります。それならもっと早く相談しておけばよかった、
とおっしゃる経営者の方もいらっしゃいます。

株式会社船井総合研究所
M&Aコンサルティング事業室
中野 宏俊(なかの ひろとし)

メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする