なぜ、会社を売るのか

私どもは「売り手」のアドバイザーとして、買い手候補と面談する際に買い手側が最初に聞いてくることで、かつ最重要なことが、「売り手の会社はなぜ、会社を売るのか?」という部分です。

 

「いい会社で儲かっている会社だと、売らないはず。売るには何かネガティブな要素がある・・・」というように買い手は勘繰ります。実際に「売る」ということは、理由はどうであれネガティブなことです。

 

表面的に出てくる理由としては

・後継者不在

・事業再編、新規事業・その他の事業に力を注力したいから

この2つの理由が大半です。

 

しかしながら、実際の理由として本音を聞いていくと

・周辺に競合が出てくることが確定しているので、体力的に戦うことは無理なので今のうちに売ってお金に変えたい。

・資金繰りが苦しく、一部の事業・店舗を売却して、一時しのぎをしたい。

・従業員や役員との関係が上手くいっておらず、ストレスが溜まってしまってもう辞めたい。

・会社から自身の退職金を取るほど資金がなく、退職金替わりにお金を得たい。

・これはネガティブではないですが、会社が儲かっているうちにお金に変えたい。

といったような、何とも生々しい理由がでてきます。

 

全ての経営者がそうであるということではありませんが、これが経営者の実態であり、本音の部分でもあるかと思います。それだけ、企業経営をするということは大変なことだと感じます。

 

「船井総研は経営コンサルティングというよりも経営者コンサルティングの要素が強い」とよく言われますが、まさにその通りだと思います。

 

M&Aの売り案件のアドバイザー業務は「経営者コンサルティング」の際たるものだと思いますので、船井総研らしい、M&Aのスタイルを確立していきたいと思います。

 

株式会社船井総合研究所

M&Aコンサルティング事業室

宇都宮 勉(うつのみや つとむ)

メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする