ホールディングス化が成功するための5つのメソッド

本来の意味でのホールディングス化とはどのような体制をいうでしょうか。
 
会社のホールディングス化(以下HD化)は、グループ経営の代表的な形といえます。
目的はいたってシンプルで、「所有と経営の分離により企業成長を加速化すること」です。
要するに株主と経営者を区分するという事です。
 
上場企業や大企業の多くがHD化をしている実態から明らかでもありますが、これには大きなメリットがあります。
 
それは、
 
攻めの強化 組織を作ることで事業数に限界なく展開ができること
守りの強化 組織を作ることで自身がいなくても事業がまわること

 
にあります。まさに攻防ともに強力な地盤を築くことができ、派生して後継者に悩む事業承継課題の解決にもつながります。
より企業が成長するためには、一種の登竜門のようなものかと思います。
 
既にHD化は完了しているとおっしゃる経営者様も多い事でしょうが、HD化のシナジーを十分に引き出し、機能しているでしょうか。
弊社の考える『企業成長のためのHD化』とは、次の5つのメソッドをすべてクリアしているものをいいます。
 
①HD会社と子会社の組織機能が明確に区分されていること
②グループファイナンスの仕組みが構築されていること
③グループガバナンス(会議体・稟議体)が明確に定められていること
④HD会社がグループ経営戦略をもっていること
⑤子会社の取締役や次期取締役候補に従業員をコンバートしていく仕組みがあること

 
解説していきますと、①の代表的なパターンとしては、HD会社が総務・経理・管理など子会社のバックオフィス機能を持ち、子会社が事業に専念し、役割分担がきっちりできている状態をいいます。
 
②、③については、子会社単位の投資戦略と権限委譲を考えることで組織力を強化することをいいます。
 
④はHD全体の経営戦略をつくり、各子会社経営陣が子会社の経営戦略を構築して、日々の行動に落とし込むことで、機動力を強化することができます。
 
⑤は①~④を構成するために不可欠な人材を成長させていく仕組みがあることをいいます。
 
持株会社はあるけど名前だけ、税金や費用が得したけどそれ以外は特に何も変化がない、といった状況ですと、実態は変わっていないといえます。
これらがクリアできないとあなたの会社のHD化は十分に活かせていない可能性があります。
 
今までお会いした経営者をみていると、どれだけ能力の高い経営者でも、自身が見れる会社数は例外もありますが、せいぜい3~5社程度かなと思います。
 
上記のメソッドにあてはめていただき、改めて自社のグループ会社のあるべき姿を考える参考にしていただければ幸いです。
 
金融・M&A支援部
チームリーダー 中野 宏俊
 


 
本コラムを通じてHD化に興味を持たれた方、
HDを実際に検討している方へ
 
“新作”無料レポートダウンロード
『成長戦略におけるホールディングス化とM&Aの活用方法』
▼ダウンロードはこちらから
https://funai-ma.com/booklet/
 
ホールディングス化に興味を持たれている方にお勧めのレポートです。
・ホールディングス化の目的
・ホールディングス化のパターン
・ホールディングス化のメリット・デメリット
・ホールディングス化の準備期間と実施事項
・ホールディングス化後のM&Aの活用
 
 
無料経営相談もございますのでお気軽にご活用ください。
▼ご相談はこちらから
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-ma/inquiry.html

メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする