財務会計DDの重要性

企業のBS上の簿価の資産価値と時価の資産価値では長い会社になればなるほどずれる傾向があります。

必死に事業を行い、気が付けば20年~30年経ち、経営者も資産に計上されているものがどの程度妥当性があるのかわからなくなってきております。目に見えないものとして例えば“電話加入権”、“営業権”“加盟金”等のもの目に見えるものとして“土地・建物”、“有価証券”等のものがあります。

以前M&Aに至った会社で、DDの結果、株式価値が2,000万円程度毀損してしまったケースが見受けられます。(営業資産が換金性のないものと判断され、その分の減額)

不動産に至っても、都心の方の好立地にあるものはここ20~30年で10倍になったケース、あるいは郊外の不動産が半分になったケース、有価証券の価値がなくなってしまったケース等々見受けられます。有価証券自体は調べれば把握できるものもありますが、不動産は流動性に欠くため、見当をつけるためにも不動産鑑定士及び不動産流通業者のアドバイスを用いることは重要です。

最近の傾向として、小規模M&A案件では費用がかかってしまうため、財務・会計DDなしで、購入するというケースも増えてきております。

事業譲渡であるならば、それでも問題ないのですが、株式であると、後から問題となるケースも露見されております。(思った以上に資産価値がない)、金額の問題はありますが、後々もめないためにもDDをきちんと行い、株式購入を行うことをお勧めします。

 

株式会社船井総合研究所

経営改革事業本部

M&Aコンサルティング事業室

辻本 修佑 (つじもと しゅうすけ)

メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする