テスホールディングス株式会社 IPO(新規上場)承認

新規上場承認 テスホールディングス株式会社
2021年324日にテスホールディングス株式会社の東証一部の上場が承認されましたので、概要などをまとめました。
主な事業内容は、再生可能エネルギー発電所の開発・売電、小売電気事業、コージェネレーションシステムを始めとした各種環境・省エネ対策システム等の設計・調達・施工・オペレーション&メンテナンスです。
【会社名】:テスホールディングス株式会社
【代表取締役】:清田 瞭
【年齢】:76歳
【社員数】:1,204人(連結)
【事業内容】:再生可能エネルギー発電所の開発・売電、小売電気事業、コージェネレーションシステムを始めとした各種環境・省エネ対策システム等の設計・調達・施工・オペレーション&メンテナンスほか
【上場承認日】:2021年324
【上場予定日】:2021年427
【上場市場】:東証第一部
【業績】:
2020年6月期(連結)
売上高:28,415(百万円)
経常利益:2,534(百万円)
【主幹事証券】:仰星監査法人
【監査法人】: 大和証券
 
【特徴】
   1979年5月にテス・エンジニアリング株式会社(現連結子会社として設立、同社を中心とした事業展開を行っておりましたが、2018年4月に関係会社の増加に伴グループの再編及び経営効率化等を目的として、当社を完全親会社とする持株会社体制に移行しております。 当連結会計年度によると、売上高は28,415百万円(前年同期比4.1%減)、営業利益は3,511百万円(前年同期比132.8%増)、経常利益は2,534百万円(前年同期比226.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,625百万円(前年同期は38百万円)となっております。新株予約権(ストックオプション)による潜在株式総数は1,062,600株であり、発行済株式総数35,069,100株の約3.0%に相当します。
【沿革】
2009年7月 創業者の事業継承等を目的として、テス・テクノサービス株式会社(現当社)を設立 
2018年4月 テスホールディングス株式会社に商号変更 テス・エンジニアリング株式会社との株式交換により当社を完全親会社及び同社を完全子会社化とし、持株会社体制に移行 
2020年3月 バイオマス燃料供給を目的としてINTERNATIONAL GREEN ENERGY PTE. LTD. (現連結子会社)を設立 
2020年5月 テス・エンジニアリング株式会社がエネルギー使用合理化等事業者支援事業におけるエネマネ事業者(令和2年度)に登録 
2020年8月 ヴェオリア・ジャパン株式会社との合弁により水、廃棄物、エネルギー分野におけるユーティリティマネジメントサービス提供を目的としたVTユーティリティーズサービス株式会社(現持分法適用関連会社)を設立 
2020年9月 太陽光発電所の所有・運営・売電を行うことを目的としてプライムソーラー3合同会社(現連結子会社)を設立 
関連するセミナー情報
メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする