株式会社サトウ産業 新規上場承認

株式会社サトウ産業 新規上場承認

株式会社サトウ産業が、2021年9月28日にTOKYO PRO Marketへの上場が承認されましたので、概要などをまとめました。

 

【会社名】:株式会社サトウ産業

【代表取締役】:佐藤明郎

【社員数】:74人(単体)

【事業内容】:鉄工建設事業 

【HP】:https://www.sato-san.jp/

【上場承認日】:2021年9月28日

【上場予定日】:2021年10月14日

【上場市場】:TOKYO PRO Market

【業績】:

2021年2月期 (単体)

売上高:2,039,561千円

経常利益:186,256千円

【主幹事証券】:OAG監査法人

【監査法人】:日本M&Aセンター

 

【特徴】

首都圏を中心とする関東一円を営業エリアとし、高層ビル、大規模商業施設等、建築物の構造体である柱、梁、それらの付帯製品等の設計、製作を手掛けており、国土交通大臣によるHグレード鉄骨製作認定工場を擁している。

新型コロナウイルスの影響により建設業界では、工事の延期、中止が相次いでおり、経営環境は一段と悪化しております。しかし、作業員の動線、作業効率を意識した工場内のレイアウト変更や、作業工程、手順の見直しによる作業時間のスリム化等に努めました。

その結果、2021年2月期の売上高は2,039,561千円(前年同期比25.4%減少)、営業利益は178,243千円(前年同期比11.9%減少)、経常利益は186,256千円(前年同期比2.7%減少)、当期純利益は104,184千円(前年同期比12.5%減少)となりました。

 

【株主構成】

主要株主としては、代表取締役である佐藤明郎氏が100%保有しています。

【沿革】

1974年10月 新潟県上越市春日新田1273番地9に株式会社サトウ産業を設立

1975年4月   一般建設業許可取得

1975年10月 新潟県上越市上名柄340番地1に移転(現本社)

1990年3月   建設大臣より鋼構造物製作工場Mグレードの認定を受ける

2003年12月 特定建設業許可取得

2011年2月    国土交通大臣より鋼構造物製作工場Hグレードの認定を受ける

   3月    独立採算を目的に、安塚工場を株式会社やすづかサトウ産業に分社

2016年4月  本社工場南側外部製品ヤード新設

           10月 株式会社やすづかサトウ産業と合併

2017年4月   本社工場サイコロ加工場・軽量鋼加工場・塗装場新設

2018年12月 上吉野工場開設連続サイコロ組溶接拠点として稼働

2019年10月 三和工場開設軽量鋼加工拠点として稼働

 

関連するセミナー情報
メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする