株式会社ペルセウスプロミオテクス IPO(新規上場)承認

新規上場承認 株式会社ペルセウスプロミオテクス

2021年5月19日に株式会社ペルセウスプロミオテクスの東証マザーズへの上場が承認されましたので、概要などをまとめました。

2020年3月24日に東証マザーズに上場予定でしたが、2020年3月12日に上場承認取消しとなり、再度上場承認となりました。主な事業内容医薬品等の研究開発、製造、販売です。

【会社名】:株式会社ペルセウスプロミオテクス
【代表取締役】:横川拓哉
【年齢】:61歳
【社員数】:21
【事業内容】:医薬品等の研究開発、製造、販売
【上場承認日】:2021年519
【上場予定日】:2021年622
【上場市場】:東証マザーズ
【業績】:
2020年3月期
売上高:85,759(千円)
経常利益:△834,362(千円)
【主幹事証券】:SBI証券
【監査法人】:有限責任あずさ監査法人
【特徴】
2020年3月24日に東証マザーズに上場予定で予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大や原油価格急落による株式市場の混乱を要因に、2020年3月12日に上場承認取消しとなりました。その後、2021年5月19日に東証マザーズで再度上場承認となりました。株式会社富士フィルム大株主で、医薬品等の研究開発、製造、販売を行っております。2020年3月の営業損失は812,394千円、当期純損失841,731千円となっております。上場承認時の株主構成としては、株式会社富士フィルム32.39%、VCであるNVCC8号投資事業有限責任組合が13.81%となっております。
【沿革】
2001年2月   東京都文京区において当社設立 
2003年7月   本社を東京都渋谷区に移転 
2005年9月   核内受容体全48種類に対する抗体の販売を開始
2008年11月 グリピカン3抗体の第Ⅰ相試験が米国で開始(PPMX-T001) 
2009年1月   富士フイルム株式会社が第三者割当増資により当社株式の76.68%を保有し親
        会社となる 
2018年3月   富士フイルム株式会社は第三者割当増資により当社株式の保有割合が48.62%
       となり、当社のその他の関係会社となりました
2019年1月   ファージディスプレイ技術の維持発展と抗体医薬品の研究開発促進を目的とし
                 て愛知県名古屋市千種区に名古屋ラボを開設
関連するセミナー情報
メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする