IPOを実現した経営者が、役員(幹部社員)に学ばせた「会社組織・役割の本来あるべき姿」とは?

■以下に1つでも✔が当てはまる社長(経営者さま)は、本稿をお読みください。

☑ 決裁はほとんど自分が行っている。

☑ 役員・幹部が育っていない。

☑ 経営方針や新しいアイデアはほとんど自分が出している。

 

 【はじめに】

上記3項目は、IPOを目指す会社の社長(経営者さま)より、弊社でよくご相談を受ける内容です。
掘り下げて伺ってみると、
「会社の経営について、社長自身が一つ一つ決めないと何も決まらず、運営が・・・」、
「IPOを目指している会社の役員(幹部社員)がそれでいいのか不安・・・」、
「IPOを目指しいてるほかの会社の役員(幹部社員)は、どんな人物像なんだろう?」
ということでした。

そこで、今回のセミナーでは、IPOを目指している社長(経営者さま)の不安が少しでも軽減されるように【IPO・組織強化のための取締役・幹部社員育成のポイント】をテーマに、経営管理体制・組織(役員の役割と組織化)の整備・構築(育成)に向けたポイントをご説明させていただきます。

 

【セミナーでのポイント】

1.上場企業の経営管理組織

2.経営管理組織を構築(育成)する上での留意点

3.IPO実現のための経営管理組の構築

 

【これからIPOを目指す社長(経営者さま)へ】

一般的論ではありますが、IPOは非常に狭き門です。
上場審査を通過するために比較的短期間に想像以上の準備が必要となります。
そのため、まず社長(経営者さま)自らが、「絶対にIPOを成功させるんだ!」と、信じて疑わない強い信念をもって下さい。

実際、IPOを実現した社長(経営者さま)の多くから前述をよく耳にします。
また、それ以上に必要不可欠なワードとして、「一人では出来ない、できなかった。」ということ。
つまり、同じ目標を持った社員、とくに幹部社員(役員)の存在があったからこそで実現できた、とよく伺います。

話題は変わりますが、IPOを目指していると、どうしてもそこがゴールになってしまいがちです。
しかし、あくまでもIPOは会社経営過程の1つであってゴールではなく、企業が持つべき本来あるべき姿(安定収益・持続的成長)をより強固にする手段であります。

そこで、IPO準備を行う過程において、まず社長(経営者さま)自らが「上場企業のあるべき姿」の本質を改めて知ることにより、同じ目線・同じ目標を持った幹部社員(役員)が育成され、より一層強固で結束力のある組織が構築できるのではないでしょうか?

信頼できる幹部社員(役員)を作ることはIPO実現だけでなく事業運営拡大の絶対条件となります。
本セミナーの目的は、個々が抱える論点の明確化をIPO準備とあわせて幹部社員(役員)が育成に必要な点について詳しく説明させていただきます。


https://www.funaisoken.co.jp/seminar/062635

関連するセミナー情報
メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする