株式会社サイバー・バズ 新規上場承認

2019年8月16日に株式会社サイバー・バズ東証マザーズ市場への上場が承認されましたので、概要などをまとめました。

 

主な事業としてインターネット市場における、ブログやTwitter、Facebook、InstagramなどのSNSを通した広告・マーケティングなどを展開している企業で、直近の業績は売上21億円となっています。

 

会社名株式会社サイバー・バズ
事業内容口コミ関連事業とインターネット広告代理店事業
上場承認日:2019816日        
上場日:2019919
上場市場東証マザーズ市場
想定時価総額:約68億円(一株想定2,000円) 
調達予定額13.7億円(一株想定2,000円)
業績
 2018年9月期 売上21億円 経常利益 1.3億円
 2017年9月期 売上18億円 経常利益 1.3億円
 2016年9月期 売上18億円 経常利益 1.4億円
主幹事証券大和証券
監査法人有限責任監査法人トーマツ
従業員持株会なし
ストックオプション:あり(2014年3月~2018年6月の期間、3回に渡り取締役、監査役、従業員に付与
沿革
 2006年、株式会社サイバーエージェント100%子会社として株式会社サイバー・バズを設立
 2006年、人気ブロガーが企業商品を紹介するサービス「CyberBuzz」を開始
 2018年、株式会社デジタルガレージが、株式会社サイバーエージェント等が保有する当社株式の25.2%を取得したことにより、同社の持分法適用会社となる
      
特徴
創業当初よりインフルエンサーを活用したマーケティング支援サービスを展開
ソーシャルメディア上で影響力を持つインフルエンサーに対しスカウト、会員契約を結び組織化している。
会員へ向けて、クライアント企業の商品、サービスの体験提供を行い、その感想をソーシャルメディアへ発信する流れでクライアントのマーケティング支援を行っている
代表取締役の髙村彰典氏は、1999年に株式会社サイバーエージェントへ入社、2010年10月に株式会社サイバー・バズ代表取締役社長へ就任し現在に至る
当初、サイバーエージェントの100%子会社であったが、親子関係は2018年5月に連結から離れており親子上場ではない

 

いずれも「新規上場申請のための有価証券報告書」と同社ホームページを参考にしました。
「新規上場申請のための有価証券報告書」https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html
・同社ホームページ https://www.cyberbuzz.co.jp
メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする