~デューデリから未来へ向けて~「経営手法のデューデリ」Vol.139

「経営に答えはない」というのは、現場のご支援をしていてつくづく感じることである。特に急成長している企業や高収益を上げている企業は、業界や一般的常識とは違った内容を実施していることも多い。一般的には非常識に見える経営手法であっても、それをトップから末端まで信じて、徹底しつくせば、全く違う領域にまでいけるというのが実態である。

 

さて、ある大手企業の役員とお話していたとき、以下の議論となった。業種は、建築現場。建築業界は、その役割が細かく分かれており、多くの専門職人に分割発注をしなければならない。そのために、ロスや非効率が起こっているのではというもの。

 

これに対して、現場職人を多能工化し、一人で何役もこなせるように育成できれば、職人の手取りも上がるし、現場効率も上がるのではというものである。 一見、多能工化の方が良いように思われる。

 

しかし、一方で現場職人は、それほど多くの現場を抱えているわけではないので、専門特化した人たちに多くの現場を与え、回転させた方が、効率的であり、結果として職人の手取りも上がるという意見もある。

 

どちらも正しいが、その企業の状況と考え方によって、道は違ってくる。分業型は、多数の案件をこなすのには向いている。簡単に言うと工場生産のように、物量を処理するには、分業体制で業務を修練・分割した方が、効率があがりやすい。

 

一方、多能工は、育成が難しい反面、本人の責任感やモチベーションも上がりやすく、その結果として商品やサービスに対する品質も上がりやすいというメリットがあるだろう。 先にも記載したように、会社が目指すものと現在の状況により、選択肢は変わってくる。また、当然ながらこの2つの解以外にも、やり方は無数にあるだろう。

 

ポイントは、会社が目指す方向性とビジネスにおけるデザイン、仕組が一致していることにある。

 

ある社長が言っていた言葉。

「トップは常に革新性を考え、現場は凡事徹底を実施する」

 

常に新しい方向性や変化にチャレンジしながら、現場では決まったことをやり続け、積み重ねていくというのが、本当に強い企業の一つの条件のようである。

メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする