~デューデリから未来へ向けて~「デューデリによる検索順位」Vol.129

先日、当社のWebマーケティング部長と話をした。

 

このメルマガを掲載している「船井総研デューデリドットコム」が、グーグルの検索における“デューデリ”というワードで国内15位まで上がってきているとのこと。もう少し頑張れば、10位以内に入る。

 

ちなみに、Webではワード検索数が人の流れ。そして、自然検索10位以内が一等立地。10位以内に入れると検索で1ページ目に来るからである。そして、1位を獲得すると、検索している人の約1/4程度の人がHP内(店舗)に来てくれる。これが2ページ以降になると、1%程度になり、3ページ以降ならほぼ来訪者はなしという結果になる。

 

そこで、Webマーケ部長にどうすればいいかを聞いた。簡単な改善ポイントで、おそらくトップ10圏内に入ってくるとのことで、改善を実施することに。ポイントは、仕掛けたいワードの中で、現在、一番上位にくる可能性のあるものにターゲットを絞ること。そして、そのワードのトップページにおける出現回数を増加させることにある。

 

このサイトの場合、デューデリジェンスやビジネスデューデリジェンスという言葉で上位にくるように考えていたが、現状で上位にきているのは「デューデリ」という短縮したワード。デューデリジェンスの方が検索者数は多いものの、こちらでトップ10内に入るのは難しそうという判断。そこで「デューデリ」というワード強化に決定した。

 

ちなみに、訪問者が増えたとしても、それが即、仕事につながるかは、当然ながら別もの。店舗も来店者が多くても、買う商品がなければ売上が上がらないのと一緒。店舗を改善するには、本格的なお金をかけなければならないが、来店促進までは、ほとんど無料で行えるので、まずはそこにチャレンジ。それで来訪者が上がるかどうかは、簡単にチェックできる。その上で、問合せが増えるかどうかを再度確認する。

 

ちなみに、このメルマガもSEO対策で役立つという思いから始めたのだが、マーケ部長曰く、「今は、あまり関係ないので、ここでストップしても検索数や順位は変わらないですよ。」とのことで、少しショックを受ける。でも、できるだけ、このメルマガは続けていきたいので、まだ止めません。

 

しかし、Webなどの技術や情報は、日々変化しており、まったくの勉強不足をひどく反省した1日であった。

メールマガジンの一覧へ
このメルマガの配信を希望する
事業承継・M&Aに関するお問合せをする