住宅・不動産分野

3年後、増税後の住宅業界が厳しくなっていくことが予想され、
今のうちに「売ってしまいたい」という潜在ニーズの高まりにより、大手ハウスメーカー同士の
M&Aが出てきています。
また、他業種からの住宅・リフォーム会社へのM&Aも出てきいます。

買い手側の目的・メリット

住宅業界の場合、新規エリアに出店する場合、物流・業者・職人の確保を一からする必要があり、
時間がかかのでM&Aをすることで「設備ごと買う」という発想で事業拡大のスピードを上げることができます。

売り手側の目的・メリット

カリスマ経営者の会社で二代目が不在の場合、価値が高いうちに会社売却をした方が経営者一族、
従業員にとっても幸せになるケースが多くある。

事業承継・M&Aに関するお問合せをする