流通業

製販一体型の経営が進み、「垂直統合モデル」という形で川上の「生産者・製造メーカー」、
川中の「商社・卸、川下の「小売チェーン」「食品スーパー」間での事業承継・M&Aが多く、派生しています。 また、地方の一番企業(製造業・卸・小売)による地域統合型の事業承継・M&Aも進んでおり、地方における有力企業が数多く、誕生してきています。

買い手側の目的・メリット

食品スーパーなどの小売の場合、店舗網の多いエリアの製造メーカーをM&Aをすることで自社の
仕入原価ダウン(PB化)を進めていく企業が増えています。

売り手側の目的・メリット

オーナーの事業承継絡み。オーナーには一定のお金が残り、買収した企業が設備投資をし、収益性を
上げることが可能になり、売上・利益は上がり、それが結果として従業員の幸せにも繋がるケースが多い。

事業承継・M&Aに関するお問合せをする