飲食

飲食業界においては同業者間のM&Aも多いですが、他業種からの飲食事業への参入のためのM&Aや投資ファンド等による投資利回りを目的としたM&Aが非常に多くあります。「飲食業をやってみたかった」という企業は想定以上に多くあり、30店舗以下の中堅飲食チェーンは比較的高値でM&Aをされているケースが多くあります。

買い手側の目的・メリット

同業者による、M&Aの目的は「エリア拡大のスピードを上げる」「新たな業態への参入のスピードを上げる」の2点になります。特に後者の「新たな業態への参入」は飲食の中堅~大手チェーンには事業のリスクヘッジのためにも不可欠である。

売り手側の目的・メリット

元々、ベンチャースピリッツを持った若いオーナー経営者が多い業界なので自分の会社を売却した後、
それを元手に第二の人生として新たな事業にトライアルするオーナー経営者は非常に多くいます。
従業員も技術者が多く、新しい会社への溶け込みも早く進みます。

事業承継・M&Aに関するお問合せをする