船井流事業承継・M&Aの極意

配信頻度 : 毎週1回(月曜日)
発行責任者 : 宇都宮 勉

事業承継・M&Aを成功に導くための船井総研としての考え方・取り組み方を解説します。

デューデリジェンス情報

配信頻度 : 毎週1回(木曜日)
発行責任者 : 菅原 祥公

デューデリドットコムは、事業再生・M&A・新規事業・調査診断・経営計画など、 デューデリジェンスを必要とする企業様・担当者様に向けた専門サイトです。 デューデリジェンスに関する成功事例や、ニュースなど様々な情報を分かりやすく掲載しています。お客様のニーズに対して船井総研の業種別コンサルタントがスピーディかつ細やかに対応いたします。

このメルマガの配信を希望する

バックナンバー

最新 の一覧


  • M&Aと不動産投資、どちらが良いのか?

    企業が不動産を取得するのと、M&Aで不動産を取得する違いは何でしょうか? 企業が更なる発展のために、工場を新設することになったとします。 この際に、まず必要となるのは、工場を建てるための土地です。 そして、その土地に工場を建てると…続きを読む ≫

  • ~デューデリから未来へ向けて~「人の成長において重要なこと」Vol.175

    日本は4月が大きな区切り目となる。 新入社員、新入学、などなど、組織の雰囲気が一新される時期。 さて、船井総研グループでも、約130名の新卒が入社した。 この時期になると、誰もが“自分の時は”などと思いだすのではないだろうか。  …続きを読む ≫

  • 成熟期の業界における資本提携活用法

    今回は成熟期の業界におけるM&Aの活用法について考えてみます。 企業のライフサイクルは、導入期、成長期、成熟期、衰退期の 4つに分類されます。 成熟期に入った業界の場合、成長が鈍化し横ばいの状態となります。 この状態となると、体力勝負(資本…続きを読む ≫

  • ~デューデリから未来へ向けて~「船井総研HDの株主総会」Vol.174

    船井総研ホールディングスは、決算期が12月末。そのため、株主総会は毎年3月末に実施している。   さて、当社の株主総会は、入社以来26年になるが、これまで、毎年欠かさず出席している。 船井総研の株主総会は、私の知る限り、過去、もめ…続きを読む ≫

  • 「近年のフランチャイズ事業のM&A動向」

    フランチャイズ事業を売却したい(買収したい)という案件を耳にする機会が多くなりました。特に個別指導塾のFC展開を行っている会社を売却したい(購入したい)という話が増えてきています。   20~30年前に成長期だったフランチャイズ事業も現在は…続きを読む ≫