船井流事業承継・M&Aの極意

配信頻度 : 毎週1回(月曜日)
著者 : (株)船井総合研究所 M&Aコンサルティング事業部
発行責任者 : 宇都宮 勉

事業承継・M&Aを成功に導くための船井総研としての考え方・取り組み方を解説します。

このメルマガの配信を希望する

バックナンバー

最新 の一覧


  • 誰に会社を譲渡するのか(売るのか)

    M&Aにおいての「売り手」において ・いくらで譲渡するのか(売るのか) ・どこに譲渡するのか(売るのか) が最重要なポイントになります。 譲渡先(売り先)は同業他社だけでなく、多岐に考えられます。   ①同一商圏の同業…続きを読む ≫

  • 近年の不動産M&A案件について

    昭和の初期の時代に既に栄えていた地域の不動産は“バブル”、“アベノミクス”の影響で購入した時の簿価よりも遥かに高い値段で取引されているようになっているものがあります。そのような不動産を物件として購入する場合は注意しなくてよいことですが、不動…続きを読む ≫

  • M&Aと信頼関係

    M&Aにおける売り手と買い手の関係は、お互いにとって商取引を生涯で1回しかしない相手になることが多いです。 継続的な商取引を前提とした関係では、お互いの信頼関係を築くことが大切になりますが、それが1回きりとなると、約束を守るとは限ら…続きを読む ≫

  • M&Aの進め方【5】(実施スキームの検討 その2 会社分割)

    前回の私の回(M&Aの進め方【4】)では事業譲渡に触れましたが、今回は会社分割について触れてみます。   事業譲渡は「取引法上の行為」となる事から譲渡取引に伴う消費税が発生します。他方、会社分割は「組織法上の行為」となる事から組織…続きを読む ≫

  • M&A実施を従業員へ伝えるタイミング

    M&A交渉が進んでいくにつれて、特に売り手側の方からよく相談される件として、社内への通知のタイミングをいつにすれば良いかということ。 社内でもキーパーソン、その他幹部社員、中小企業になればなるほど社員間の関係性が近く、いつ彼らに伝え…続きを読む ≫