船井流事業承継・M&Aの極意

配信頻度 : 毎週1回(月曜日)
発行責任者 : 宇都宮 勉

事業承継・M&Aを成功に導くための船井総研としての考え方・取り組み方を解説します。

デューデリジェンス情報

配信頻度 : 毎週1回(木曜日)
発行責任者 : 菅原 祥公

デューデリドットコムは、事業再生・M&A・新規事業・調査診断・経営計画など、 デューデリジェンスを必要とする企業様・担当者様に向けた専門サイトです。 デューデリジェンスに関する成功事例や、ニュースなど様々な情報を分かりやすく掲載しています。お客様のニーズに対して船井総研の業種別コンサルタントがスピーディかつ細やかに対応いたします。

このメルマガの配信を希望する

バックナンバー

2017年12月 の一覧


  • ~デューデリから未来へ向けて~「世界時価総額8位企業テンセントの衝撃」Vol.163

    先日、中国のテンセントという企業の部門責任者とお会いした。まずは、そのテンセントの簡単な紹介をしておきたい。2017年10月末現在の時価総額は8位で約46兆円(ちなみにトヨタは日本一であるものの世界では39位約20兆円)。2016年度の売上…続きを読む ≫

  • 企業の価値はどこにあるのか?

    M&Aの実務において「バリエーション」という業務があります。 「その会社にいくらの価値があるのか?」を算定するものです。   M&Aの場合、客観的に算定したバリエーションを元に売り手と買い手の駆け引きがあり、当然、売り手は少しでも…続きを読む ≫

  • ~デューデリから未来へ向けて~「HD化に向けて」Vol.162

    中小企業においてもM&Aが、企業戦略の重要な一手になりつつある。その中で、M&Aを複数しかけている企業から、M&Aの相談とともに、最近、ホールディングス化についての相談も増加している。 そこで、今回はホールディングス化につい…続きを読む ≫

  • 士業及び小規模事業者のM&A

    士業及び小規模事業者のM&Aについて今後取り組んでいかなければなりません   最近になって、士業(弁護士・税理士・会計士・社会保険労務士等)の売却ニーズを強く耳にするようになりました。難関の資格試験を突破し、昭和50年代・…続きを読む ≫

  • 小さなM&Aの価格査定チェックポイント

    小規模のM&Aでは、売り手と買い手がオーナー経営者である場合が多く、どちらも即断即決で処理したいという志向性が強いです。そのため、価格に対する合意形成を早い時期におこなうことがポイントといえます。 価格査定の基準となるのは、純資産と営業利益…続きを読む ≫