船井流事業承継・M&Aの極意

配信頻度 : 毎週1回(月曜日)
著者 : (株)船井総合研究所 M&Aコンサルティング事業部
発行責任者 : 宇都宮 勉

事業承継・M&Aを成功に導くための船井総研としての考え方・取り組み方を解説します。

このメルマガの配信を希望する

バックナンバー

2017年10月 の一覧


  • M&Aの進め方【3】(価格の検討 その2)

    前回は、対象会社の事業価値を検討する際、貸借対照表を事業資産と事業外資産に分け、更に、事業資産から事業負債を相殺した「純事業資産に注目」する点をお伝えしました。   決算書の純資産が潤沢な会社であっても、事業外の資産負債の割合が高…続きを読む ≫

  • スムーズなM&A交渉に必要な2つのこと

    スムーズに交渉が進むM&A案件は2つの特徴があります。   ①M&Aの交渉を始める前から、社長が会社をM&Aする理由が明確になっている。 会社を売る場合、買う場合いずれにも言えることですが、社長自らがM&Aを行う理由を…続きを読む ≫

  • なぜ、会社を売るのか

    私どもは「売り手」のアドバイザーとして、買い手候補と面談する際に買い手側が最初に聞いてくることで、かつ最重要なことが、「売り手の会社はなぜ、会社を売るのか?」という部分です。   「いい会社で儲かっている会社だと、売らないはず。売…続きを読む ≫

  • 優良企業の売却ニーズ

    優良企業が、業容を拡大するために他社を買収したい、これは過去からよくある話といえます。 現在は、こういったご相談以外に、「いまは業績がいいが、先行きは分からないので今売りたい」というご相談も増えてきています 経営者がいくら能力的に優れていて…続きを読む ≫

  • M&Aの進め方【2】 (価格の検討 その1)

    前回、M&Aを検討する際「まず、誰に相談すべきか」について触れましたが、秘匿性が高く、経営者判断を要するM&Aの検討は、社内検討においても「代表者と数名の経営幹部に限定すべき」とお伝えしました。   次に、M&A検討の最初のポイン…続きを読む ≫