船井流事業承継・M&Aの極意

配信頻度 : 毎週1回(月曜日)
発行責任者 : 宇都宮 勉

事業承継・M&Aを成功に導くための船井総研としての考え方・取り組み方を解説します。

デューデリジェンス情報

配信頻度 : 毎週1回(木曜日)
発行責任者 : 菅原 祥公

デューデリドットコムは、事業再生・M&A・新規事業・調査診断・経営計画など、 デューデリジェンスを必要とする企業様・担当者様に向けた専門サイトです。 デューデリジェンスに関する成功事例や、ニュースなど様々な情報を分かりやすく掲載しています。お客様のニーズに対して船井総研の業種別コンサルタントがスピーディかつ細やかに対応いたします。

このメルマガの配信を希望する

バックナンバー

2017年7月 の一覧


  • M&Aを活用した事業再編で「第二創業」を実現した事例

    後継者不在、不採算事業の売却、新事業の挑戦など、様々な理由で事業譲渡や法人譲渡をご検討の法人様が増えていますが、「会社の身売り」といった以前のネガティブなものではなく、M&Aによる事業再編を活用した【第二創業型のM&A】がこれからの主流にな…続きを読む ≫

  • ~デューデリから未来へ向けて~「急成長ビジネスモデルに学ぶ」Vol.143

    船井総研では、新しいビジネスモデルや現在、急速に伸びているビジネスモデルを徹底的に研究している。その中で、急速に伸びている店舗型ビジネスモデルのポイントについて触れてみたい。   あらゆる産業で市場規模が縮みつつある中にあっても、…続きを読む ≫

  • 「高収益にならない理由」

    M&Aの売り手にとっては何だかんだと言っても、「高く売れること」に越したことはありません。 売り手の売却価格算定(バリエーション)をさせて頂く中で、その会社が「高収益体質にあるか」ということは売却価格に大きく影響します。   船井…続きを読む ≫

  • ~デューデリから未来へ向けて~「カーブアウト(事業売却)」Vol.142

    船井総合研究所のお客様は、成長意欲の高い会社がほとんど。そのために、地域一番などを実現した企業が、次の段階のために、事業を多角化しているところも多くみられる。その中で、今、話題となっているのが収益性向上のための事業再編とそれに対応したカーブ…続きを読む ≫

  • M&Aの新しい活用方法

    「M&A」というものが企業経営において1つの方法であるということが認知されてきています。 「M&A=他社への事業売却・他社からの事業買収」というスキームの新しい活用方法が船井総研においても増えてきています。   ■コア事業に集中す…続きを読む ≫