船井流事業承継・M&Aの極意

配信頻度 : 毎週1回(月曜日)
著者 : (株)船井総合研究所 M&Aコンサルティング事業部
発行責任者 : 宇都宮 勉

事業承継・M&Aを成功に導くための船井総研としての考え方・取り組み方を解説します。

このメルマガの配信を希望する

バックナンバー

最新 の一覧


  • M&Aに潜む労務リスク

    M&Aを行う際、「買い手側」が「売り手側」のデユーデリジェンス(詳細な企業調査 以下DD)を行います。   このDDは大きくは4つの構成からなっており、 ・ビジネスDD(当該企業の業界環境・競合環境及びそれらも鑑みての成長余力) …続きを読む ≫

  • 組織再編税制についての改正点

    平成29年10月より、組織再編における税制の改正における今後の動き   会社分割には、税務上定められた要件を満たすか否かによって、税制適格分割に分類されるものと税制非適格分割に分類されるものがあります。税制非適格分割を行う場合、多…続きを読む ≫

  • 地方都市の商業不動産市況とM&A

    商業用不動産のテナント探しでは、魅力のなさと需要のなさから、賃料を限りなく安く設定しても、「それでも誰も借りない」という案件が増加しています。   特に地方都市の人口10万程度の街では、すでにほとんどのチェーン店が出尽くしていて、…続きを読む ≫

  • M&Aの進め方【3】(価格の検討 その2)

    前回は、対象会社の事業価値を検討する際、貸借対照表を事業資産と事業外資産に分け、更に、事業資産から事業負債を相殺した「純事業資産に注目」する点をお伝えしました。   決算書の純資産が潤沢な会社であっても、事業外の資産負債の割合が高…続きを読む ≫

  • スムーズなM&A交渉に必要な2つのこと

    スムーズに交渉が進むM&A案件は2つの特徴があります。   ①M&Aの交渉を始める前から、社長が会社をM&Aする理由が明確になっている。 会社を売る場合、買う場合いずれにも言えることですが、社長自らがM&Aを行う理由を…続きを読む ≫