船井流事業承継・M&Aの極意

配信頻度 : 毎週1回(月曜日)
著者 : (株)船井総合研究所 M&Aコンサルティング事業部
発行責任者 : 宇都宮 勉

事業承継・M&Aを成功に導くための船井総研としての考え方・取り組み方を解説します。

このメルマガの配信を希望する

バックナンバー

最新 の一覧


  • 決算書だけではわからない!?M&Aの際に確認すべき5つのポイント

    最近お客様から「会社を買いたいのだが、この会社どう思う?」 とご相談をいただくことが多くあります。 取っ掛かりとしては、貸借対照表・損益計算書の数値を確認し、 財務状況および経営成績が3か年程度順調なのかを判断します。 決算書から読み取れる…続きを読む ≫

  • M&Aによる事業の内製化・外製化

    M&Aによって、外注していた業務を内製化するような動きが盛んになっています。 例えば、 ・運送会社が整備会社をM&Aして整備を内製化する ・葬儀会社が仕出会社をM&Aして料飲を内製化する ・大企業が認可保育園をM&Aする・・・も内製化の一種…続きを読む ≫

  • IPO(上場)をする意義

    経営者としての企業経営の1つのエグジットの方法としてIPO(上場)があります。 これまで数多くのIPOをした社長にお話しをお聞きしましたが、 「IPOをしたメリットは何ですか」と お聞きしたところ、総じて、下記のようなことでした。 1. 自…続きを読む ≫

  • 簡易的な企業価値算定と実際の企業価値の差

     企業の価値を簡易的に査定する方法は大まかに2種類で、 時価純資産にEBITA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)の数倍をかけたものを 足す方法と将来のキャッシュフローを一定の割引率を適用して割り引いて求めるDCF法とあります。  弊社も…続きを読む ≫

  • 売上3億円以下の小さな会社の事業承継

    M&Aに対するニーズをお客様にお伺いするなかで感じることは、 会社を売りたいというわけではないが、事業承継する相手が見つかっていない、 という業界・会社が多いことです。 たとえば葬儀業界などはそのような会社が多く、自身は70歳を過ぎて高齢に…続きを読む ≫