事業計画のための調査診断とは

事業計画とは、企業が目指す目標を、いかに達成するかを具体的に記したものであり、1~5年後の戦略や戦術を記載します。自社内で意識統一をする際や、ビジネスパートナーの開拓、融資を受ける際など、様々な用途に使用するもので、特にビジネスデューデリジェンスが重要となります。

事業計画のための調査診断について

事業計画には、全体的な内容として、「事業の概要」「市況の状況」「事業の目標」「事業の強み・課題」などを記載します。

そして、「事業の内容」「事業の特徴」「販売計画」「仕入計画」「人員計画」など具体的に内容を記載します。

あとは、「損益計算表」があり、実際にその事業でどのくらいの売上になり、どのくらいの利益が創出できるのかを表します。

事業計画とは、企業が目指す目標を、いかに達成するかを具体的に記したものであり、1~5年後の戦略や戦術を記載します。自社内で意識統一をする際や、ビジネスパートナーの開拓、融資を受ける際など、様々な用途に使用します。

ただし、掲げた目標に対しての具体的な戦略・戦術などが自社ではうまく描けない場合などには、どのような戦略や戦術が適しているのかを、市場環境などを調査・分析するなどして検証していきます。

船井総研が実施する事業計画のための調査診断の特徴

事業計画を作成する場合、ただ作成すればよいということではなく、そこには成長性が描かれていること、合理性があり実現可能なのかということが重要です。

まず成長性については、売上や利益を拡大させていくという成長ストーリーが描かれていなければなりません。

次に、その成長ストーリーに合理性があることです。ただ単純に売上や利益を上げるということだけではなく、どのように上げるのかが分からなければなりません。

そして、最後にその施策が、実現可能なのかどうか。実現もできないようなことを計画しても、意味がありません。

船井総研では、掲げた目標を達成するためには、どのような戦略や戦術が必要なのか、何が足りないのかなど、これまで培ってきた経験やノウハウなどから見つけだしていきます。

そして、それらを実現するためには何が必要で、何を省くべきなのかを、総合的に判断していくことが大きな特徴となっています。