M&Aとは

M&A(エムアンドエー)とは、英語の mergers and acquisitions(合併と買収)の略であり、企業の合併や買収の総称です。

M&Aの分類と目的

M&Aはいくつかの分類に分けることができます。ひとつは事業を拡大するためのM&A(事業拡大型)であり、もうひとつが売却益を目的とするM&A(投資型)です。

まず、事業拡大型のM&Aは大きく4つに分類することができます。

  1. 同事業拡大型・・・同じ事業を展開している企業のM&A
  2. 水平拡大型…既存事業と類似事業を展開している企業のM&A
  3. 垂直拡大型…既存事業の川下となる事業を展開している企業のM&A
  4. 無軌道拡大型…既存事業との相乗効果は考えずに投資採算を優先したM&A

投資型については、ファンドが一定期間保有することで売却益を求めるものです。

【M&Aの分類・目的・難易度】

分類 詳細分類 目的 案件難易度
事業拡大型
同事業拡大型 同事業をM&Aにより、早期拡大・補強。
(例)同業者の営業所や店舗の買収等
同事業であればM&A案件の中では比較的難易度は高くない。
水平拡大型 既存事業と類似事業をM&A。
(例)量販店がドラッグストアを買収等
デューデリジェンスに加えて事業構造、ビジネスモデル掌握、企業文化や風土の違いを把握する必要があり、難易度はとても高い。
垂直拡大型 既存事業をM&Aによい垂直統合。
(例)メーカーが卸や小売業を買収等
無軌道拡大型 本業との相乗効果は考えず投資採算を優先してM&A。 投資採算の判断が重要であるため、難易度は高い。
投資型 投資型 ファンドなどが一定期間保有し、売却益を求めるM&A。
▼

M&A案件実施の流れ

船井総研

▼
専門家集団による評価・分析
クリアすべき項目
①自社のビジョンに投資対象企業は合致しているか
②買収する企業を活かすことができる
メリットとリスクの洗い出し
【メリット】
・コスト削減メリット
・売上アップメリット等
【リスク】
・ビジネス、アカウント、リーガルの各専門家による予測

調査結果の統合

▼

企業価値の算定

船井総研が実施するM&Aデューデリジェンスの特徴

船井総研では、各デューデリジェンスを専門家が担当することで、より精度の高い企業価値の算定を行うことができます。

POINT 1

各業種別コンサルタントによるビジネスデューデリ

POINT 2

会計士の資格を有するコンサルタントによるアカウントデューデリ

POINT 3

船井総研の全国ネットワークを活用した法律専門家によるリーガルデューデリ

船井総研がこれまで培ってきた経験やノウハウ、ネットワークを活用することで、企業の実態をより細かく分析・評価することが可能です。